ピンチュー倶楽部とは大げさですが、要は共に楽しめる仲間が集えればそれでいいのです。

私自身、5年前までは日本に住むフツーのオヤジ。

・子供も大きくなり手がかからない。
・妻はいるだけ(それでもありがたいが…)。
・仕事だけの日々で退屈そのもの(当たり前だが…)
・からきしモテない
・酒が飲めないので、夜の街に出るのが億劫

私の場合はサラリーマンではなく、フリーのWEBクリエイターという仕事柄比較的フィリピンを楽しむ環境を整えることが簡単でした。
ただ、サラリーマンでも連休はありますし、有給は使えますし、当然に収入があるわけですから、私に近い環境を整えることは無理ではありません

特に、年配の独身の方。
過疎に住む農業継承者などが多いと聞きます

以前はそのような環境の方に配偶者としてのフィリピーナを斡旋する専門業者が多数存在していたみたいですが、如何せん離婚率が高く、うまくいかなかったみたいです。

確かに国際結婚は簡単ではありません。
宗教の違い、習慣の違い、プライオリティの違い、環境の違い、性格の違い。
様々な違いが、様々な軋轢を生み、言語の違いにより話し合うこともできず、簡単に別れてしますケースが後を絶たなかったと聞いています。

それは「恋愛」にしても同じことが言えるでしょう。
実際に私自身が色々な文化の違いを経験しています。
ただ、重要なのは「お互いに理解し合う努力をする」ことです。
言語の違いは必ず克服できます。
私自身、当初は英語が全く話せず、意思疎通に苦労しました。
ただ、毎日英語でSNSを通じたメッセージのやり取りをしていると、自ずと会話力が身につくものです。

恐るべし「女の力」(笑)

また、女の子も全くのバカではありませんので、あなたのことを本気で好きなら必死に日本語を勉強します。
要はあなたが「日本語の先生」になればいいのです。

和食レストランで働いているだけで、基本的な日本語の会話ができるようになった女性を何人も知っています。

私の場合、アルコールが飲めないということもありますが、まずKTV(日本のフィリピンパブのようなもの)には行きません。

100%素人の女の子だけを相手にしています。
彼女たちはたとえ貧しくても、プライドがありますので、決して安易に金銭を要求してきません。たとえ心の中で思っても…

これからフィリピンでガチの恋愛を始めようと考えているあなた。
最初が重要です。
最初に性格の良い女の子を選ぶことが大切です。

ジジイで大丈夫かって?

大丈夫。

私も還暦目前です。
「恋愛に年齢は関係ない」「年齢は単なる番号のようなもの」
彼女たちは本気でそう考えています。

——————————————————————————
随時コンテンツを追加していく予定です。
しばらくお待ちください。
——————————————————————————