今日はリザールでデート

今日は、マニラから車で2時間のリザールはタナイというところで、23歳の彼女とデート。

車といっても、Van。FXとも呼びます。
これは、ハイエースクラスのワンボックスに乗り合う、いわゆるシェア方式。

タクシーで行くと1000ペソはくだらない距離でも、80ペソで運んでくれます。
危険度もジプニーに比べると低く、オススメ。

ただし、1台のハイエースに19人から20人乗るので、かなり狭い(笑)
しかし、驚いてはいけません。
これがフィリピンスタイル。

で、マンダルヨンにあるVanターミナルから、Vanに乗ること約2時間。
タナイに到着。

早速、ターミナル近くのジャルビーで待ち合わせ、簡単に食事を済ませた後にホテルに!

基本、デートはホテル(笑)
たまにしか会えないので、彼女もまんざらでもありません。

ここ、フィリピンにもラブホテルは存在します。
有名なのは、SOGO。
マニラ市内ではいたるところにあり、価格も3時間で1,000円程度。

ただ、日本のラブホを想像してはいけません。
狭い、汚い、そしてアメニティはタオルと石鹸以外は何もない。

また、地方にはSOGOもなく、単なるモーテルだけ。
もっと狭く、汚い。
シャワーは温水ではなく、水。
部屋はボロボロ…。

でも、選択の余地はありません。

そんなところでも、慣れれば天国。
最初は躊躇していたものの、今ではフツーに使っています。
人間の慣れって恐ろしいですね(笑)

ちなみにタナイではモーテル。
1時間100ペソ。

いつも4〜5時間滞在します
周辺には何もないので、することと言ったら、食べること・やることのみ。

それでも、2時間かけて来たことをとても喜んでくれます。
ほんと、フィリピーナって優しいですね。
浮気さえしなければ、彼女たちは本当に尽くしてくれます。

ちなみにこの彼女はシングルマザー。
1歳になる男の子がいます。
ここフィリピンではシングルマザーが多いのです。
男たちはいい加減で(お前が言うなって!?)、簡単に妊娠させ、簡単に逃げます。女の子の方も、いとも簡単に産むことを覚悟し、両親も泣き寝入り。
まあ、カソリックなので堕ろせないということもありますが、あまりにイージー。

この彼女も、セックスの経験数は、逃げた彼氏とたったの6回だけ。
いわく、初めてのセックスで妊娠してしまったとか。

こんなケースはたくさんあります。
もっと、笑えるケースも!
少しづつ、このブログで披露していきたいと思います。

で、ホテルで2回戦をこなしたあと、軽くピザを二人で食べ、ターミナルに。
お別れのキスをした後、見送る彼女を後にしました。

えっ?

セフレじゃないかって?

まあ、否定はしません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です