日本への一時帰国

さてさて、フィリピンに滞在しているといっても仕事の籍は日本にあるわけで、定期的に日本に帰国しなければなりません。

今回は約1週間の滞在予定。
その間に様々なことを片付けなければならず、とても忙しい日々を過ごさなければいけません。
お客様との打ち合わせ、集金、治療などなど…。

日本は寒いけど、人間の体ってホント優秀。
2日もいればすぐに順応してしまいます。

帰国してまずすることは、食べること。
フィリピンでも和食は食べられますし、チェーン店はそれなりに日本と同じ味となっていますが、ほとんどの日本食レストランはフェイク。

例えばトンカツは一枚肉ではなくて、薄切りの肉を重ね合わせたミルフィーユ。
ラーメン屋に入ればトンカツラーメンとか「マジっ?」と思えるようなメニューがあり、見た瞬間にその店の味を見切り、食欲が半減。

やっぱり帰国するたびに「日本の食べ物は日本で食べるのが一番」と思います。

実際、全ての味が微妙に違うし、第一にお米が違う。
たまに日本米を使っているレストランもあるにはあるけれど、水・炊き方が違うのかやはり微妙に違う。
古いお米なのかもしれないね。

そんなことを思いながら食べるのはごく普通のメニュー。

牛丼、中華丼、餃子、鍋焼きうどん、天ぷらそば、焼き鳥、鶏の唐揚げ、トンカツなどなど。

こんなものが美味しく感じるんです(笑)

で、フィリピンに戻るときには色々な食材を運びます。

お米、お餅、七味唐辛子、バスタソース、餃子の素、カレールウ、シチューの素、つぶあん、梅干し、鰹節…バック一杯が食材。

そこまでしてフィリピンに住みたいかって?

もちろんです!

フィリピンでは日本では到底経験できない楽しいことがたくさんあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です